【Diggin’ MAGAZINE】ISSUE 14『ALASKAN JOURNEY』

【Diggin’ MAGAZINE】ISSUE 14『ALASKAN JOURNEY』

販売価格: 1,282円(税別)

(税込価格: 1,411円)

数量:

[CONTENTS]
●CHUGACH DREAMING
日本人スノーボーダークルーで、アラスカでのスノーボーディングムービーをつくるプロジェクト。の旅を振り返ったストーリー。
.
.
●TRIP STYLE
アラスカは物理的にも斜面的にも遠い場所だと思っていませんか? その通りでもあるけど、実はそうでもない。ということを、経験者たちが物語っています。
.
.
●YOSHIRO HIGAI PHOTO SLIDES
今号の表紙を撮ったフォトグラファー樋貝吉郎。氏にとって、1997年と98年のバルディーズ体験は、世界のスノーボード史に作品を残すことのできた特別なものでした。TBシリーズで知られるスタンダード・フィルムズの撮影にどのようにして参加することができたのか? 当時の日記を振り返りながら綴った“あの時”の想いを、未発表の写真群と共にお届けします。
.
.
●WOMEN'S TAKE ON ALASKA
シーサーこと桑原知美を中村陽子がインタビュー。アラスカに惚れ込んだ2人のスノーボーダーによる女性ならではのアラスカの捉え方。フィールドの魅力もさることながら、なぜこの2人が日本の女性フリーライディングシーンの中心人物なのか、を感じられる秀逸なBBA談義です。
.
.
●MESSAGE FROM GLACIER
写真家・山田博行の近年作品であるアラスカの氷河写真。もともとスノーボーダーとしてアラスカに渡った氏のルーツと、現在の作品制作の舞台裏、そしてそこから見えてきてしまった現実を、POW代表の小松吾郎がインタビューを通して描いています。山田博行の深い思考と洞察力を初めて立体的に感じられるとても魅力的な内容です。